簡単カードローンの手軽な使い方とその仕組みと特徴

chek

いったん作ってしまえば、いつでも使える簡単カードローンですが、実際にカードを所持している所有者でも、その仕組みや特徴をすべて理解しているわけではないようです。

カードローンの仕組みをしっかりと理解していく事で、さらに使いやすく便利に活用する事も可能となるのです。

カードローン手軽さの特徴は、担保や保証人が一切必要ないという事にあります。決められた限度額は存在していますが、その限度額の枠内であれば、何度でも自由に借り入れや返済を行う事ができます

ただし、銀行と消費者金融などの、限度額の意味合いは少し異なり、消費者金融の場合は審査の時点で利用者の限度枠が決定される事になります。

銀行の場合は、銀行の提示する限度額まで借りられなくても、利用者の状況に応じてその枠は大きくなる事も小さくなる事もあるのです。

また銀行の場合は、当日のうちに審査や融資が下りることはありませんが、信販会社や消費者金融などのカードローンであれば、当日融資も可能となっています。

一昔前までは、何かと不安に思われていた消費者金融ですが、大手を始めとする多くの消費者金融では、安全面やセキュリティーも現在ではかなり強化されています。

カードローンは、大きなカテゴリーに分けてみると銀行系・信販系・消費者金融系と分ける事ができます。カードの作りやすさからみれば、消費者金融が断トツですが、銀行系は金利が安く安心感もあります。

カードローンの場合、審査は機械と人とでのダブルチェックが行われているようです。あくまでも、利用者に返済能力があるかどうかを見極めますので、収入が安定している方ほど、審査が通りやすいのは言うまでもありません。

カードローンの金利は、借入金額によって異なっており、10万円以下であれば年利20%までが上限です。そして、100万円以下では年利18%、100万円以上では年利15%と借り入れの元金によってそれぞれ決められています。

したがって、複数の借入先をお持ちであれば、一つにまとめる事によって、金利を安くする事も可能となるわけです。そして、最も大切なのはカードローンの支払い方法と言えるでしょう。

カードローンの支払い方法には、

  1. リボルビング方式
  2. スライドリボルビング方式
  3. スライド元利定額返済方式

の三つがありますので、返済計画を練るうえでご利用の前には、必ずシミュレーションを行っておきましょう。